食用油脂の精製処理による有機リン系農薬の挙動 Behavior of Organophosphorus Pesticides Obtained from Oils by Refining Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

5種類の有機リン系農薬 (ジクロルボス, パラチオンメチル, マラチオン, クロルピリホス及びクロルフェンビンホス) を大豆油に添加し, 脱ガム, 脱酸, 脱色及び脱臭工程を行った後の精製油中の農薬残留量を測定した。得られた結果は次のとおりである。 (1) 脱ガム処理では原油中の各リン系農薬はわずかに減少した。 (2) 脱酸処理では脱ガム油中のジクロルボスは明らかに減少したが, 他の農薬は約80%以上残存した。 (3) 脱色処理では吸着剤による脱酸油中のジクロルボス及びクロルフェンビンホスの減少率はそれぞれ約70%及び60%であった。一方マラチオン及びクロルピリホスの減少率はそれぞれ約30%及び5%であった。パラチオンメチルは活性炭を含む吸着剤を用いると極端に減少した。 (4) 260℃の脱臭処理により全農薬が完全に除去された。 (5) 原油中のリン系農薬 (ジクロルボス, パラチオンメチル, マラチオン, クロルピリホス及びクロルフェンビンホス) は一般の精製処理により完全に除去されることを確認した。

Five organophosphorus pesticides (dichlorvos, parathion-methyl, malathion, chlorpyrifos and chlorfenvinphos) were added to crude soybean oil and the oil was refinined by degumming, alkali-refining, bleaching and deodorization. The amount of the organophosphorus pesticides in the oil were determined immediately after each process. The results are as follows : <BR>(1) By degumming treatment, each of organophosphorus pesticides in crude oil decreased slightly.<BR>(2) By alkali treatment, dichlorvos in the degummed oil decreased obviously, though other organophosphorus pesticides remained about 80% or more.<BR>(3) By bleaching treatment with the absorbent, the decreased rate of dichlorvos and chlorfenvinphos was about 70% and 60%, respectively, while the decreased rate of malathion and chlorpyrifos was 30% and 5%, respectively. Parathion-methyl reduced remarkably with absorbent containing activated carbon.<BR>(4) Each of organophosphorus pesticides were completely removed by the deodorization processing at 260°C.<BR>(5) It was confirmed that the organophosphorus pesticides (dichlorvos, parathion-methyl, malathion, chlorpyrifos and chlorfenvinphos) in crude soybean oil were completely removed by usual refining treatment.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(3), 247-251, 1999-03-20

    公益社団法人 日本油化学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    日本マーガリン工業会

    平成8年版食用加工油脂統計年報 62, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    金澤純

    農薬の環境科学 86, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    厚生省告示第179号 平成9年9月1日, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    兼松弘

    油化学 25, 88, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMITH K. J.

    J. Am. Oil Chem. Soc. 45, 866, 1968

    被引用文献2件

  • <no title>

    日本油化学会編

    基準油脂分析試験法

    被引用文献17件

  • <no title>

    日本薬学会編

    衛生試験法 注解1990付. 追補 133,628, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    GREENHALGH R.

    J. Agric. Food Chem. 28, 102, 1980

    被引用文献4件

  • <no title>

    後藤真康

    残留農薬分析法 75, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    ISHIKURA S.

    J. Food Hyg. Soc. Jpn. 25, 203, 1984

    被引用文献1件

  • 環境中農薬の分解挙動に関する基礎的研究

    平原 嘉親 , 中室 克彦 , 佐谷戸 安好

    衛生化学 43(4), 221-229, 1997-08-31

    参考文献13件 被引用文献3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4685181
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ