PRCはりの最小鋼材量に関する検討 MINIMUM REINFORCEMENT REQUIREMENTS FOR PRC BEAMS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, PRC (Prestressed Reinforced Concrete) はりの設計を例にとり, 曲げおよびせん断に対してぜい性破壊を生じないための最小鋼材量について検討を行うことを目的としている. 本研究では, 現行のコンクリート標準示方書の終局耐力算定方法に基づいて, コンクリート強度およびプレストレスの導入レベルをパラメータとして, 必要とされる最小鋼材量の数値解析を行い, その定量化を試みている. また, 国内外の種々の設計規準および現行のコンクリート標準示方書との比較も行いながら, PRCはりの曲げおよびせん断に対する最小鋼材量の考え方をまとめている.

The aim of this study is to invesigate the minimum reinforcement requirements for PRC (Prestressed Reinforced Concrete) beams subjected to bending moment and shear. Based on the ultimate limit state design procedure by “Standard Specification for Design of Concrete Structures” of JSCE, the minimum reinforcement requirements have been analytically examined and quantified by using the parameter of concrete strength and the level of prestressing. Furthermore, compared with the foreign design specificaions and the Standard Specification of JSCE, the concept of the minimum reinforcement requirements for PRC beams subjected to bending moment and shear have been mentioned.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 606, 151-164, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276619
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613392
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ