エアリフト二重管縦型下水処理反応器における液流動に関する研究 FLUID MECHANISM IN AN ARI-LIFT DRAFT TUBE TYPE SEWAGE TREATMENT REACTOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 反応器断面積あたりの空気流量 (U<sub>go</sub>) が少なくかつ内管径の反応器径に対する比 (D<sub>i</sub>/D<sub>o</sub>) が低い条件下において運転される二重管縦型下水処理反応器の液流動に関して理論的および実験的検討を行った. その結果, 本反応器の液循環流速に関する経験式を提示し, 各種装置条件および各種U<sub>go</sub>条件における液循環流速の予測を可能にした. また, 実測値および経験式による予測値に基づき考察した結果, 液循環流量 (Q<sub>L</sub>) は曝気を行う内管部の断面積の反応器断面積に対する比 (A<sub>i</sub>/A<sub>o</sub>) にほぼ比例することを明らかにした. さらに, UU<sub>go</sub>=0.0005~0.005m<sup>3</sup>/(m<sup>2</sup>・s), A<sub>i</sub>/A<sub>o</sub>=0.02~0.14の範囲では外管部下降時間は外管部断面積の内管部断面積に対する比 (A<sub>a</sub>/A<sub>i</sub>) にほぼ比例することを明らかにした.

Fluid mechanism in an air-lift draft tube type sewage treatment reactor, which is operated under the conditions of low gas flow rate based on cross sectional area of the reactor (U<sub>go</sub>) and low ratio of draft tube diameter to reactor diameter (D<sub>i</sub>/D<sub>o</sub>), was studied theoretically and experimentally. Empirical equations of gas hold up, pressure losses and liquid velocity in the draft tube were developed. It was found that liquid flow rate (Q<sub>L</sub>) is almost proportional to the ratio of cross sectional area of the draft tube to that of the reactor (A<sub>i</sub>/A<sub>o</sub>). It was also found that under the conditions of U<sub>go</sub> from 0.0005 to 0.005m<sup>3</sup>/(m<sup>2</sup>·s) and of A<sub>i</sub>/A<sub>o</sub> from 0.02 to 0.14 circulating time in the annulus is almost proportional to the ratio of the cross sectional area of the annulus to that of the draft tube (A<sub>a</sub>/A<sub>i</sub>).

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 608, 49-59, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613404
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ