促進酸化法によるフミン・フルボ酸の無機化特性 CHARACTERISTICS ON MINERALIZATION OF HUMIC AND FULVIC ACIDS USING ADVANCED OXIDATION PROCESSES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腐葉土, 沈砂池沈泥, 河川底泥より抽出したフミン・フルボ酸について, オゾン処理を軸にした各種の促進酸化法 (AOP) で処理を行ったところ, 抽出源はヒドロキシルラジカル (・OH) による無機化に関して大きな要素ではなかった. また, フミン・フルボ酸やリグニン, p-ヒドロキシ安息香酸などのベンゼン環を有する物質が・OHによって酸化処理された時に生じる物質は, ジカルボン酸類と似た特性を示すことが測定された. これにより, フミン・フルボ酸の無機化には・OHによるベンゼン環あるいはそのオゾン酸化生成物の酸化が大きく関わっていることが示唆された.

The treatment of humic and fulvic acids extracted from leaf mold, sludge in grit chamber, and bottom sludge in river by the various Advanced Oxidation Processes (AOPs) centered on ozonation showed that the origins of humic and fulvic acids were not important factor for the mineralization by hydroxyl radical (·OH). On the other hand, the formed substances by the oxidation of humic and fulvic acids or compounds having benzene nucleus as Lignine or p-Hydroxybenzoic acid with·OH showed that had same characteristics of dicarboxylic acids on Size Exclusion Chromatography (SEC). The result suggest that the oxidation of benzene nucleus or ozonation product of benzene nucleus significantly affect mineralization of humic and fulvic acids.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 608, 61-75, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613405
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ