吸着材を含むセメント・ベントナイト系地中壁による難分解性有機汚染物質の拡散防止に関する基礎研究 STUDY ON THE DIFFUSION PREVENTION OF NON-BIODEGRADABLE ORGANIC CONTAMINATS IN GROUNDWATER BY INSTALLING POWDERED ACTIVATED CARBON MIXED CEMENT-BENTONITE CUT-OFF BARRIERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高炉セメントとベントナイトに粉末活性炭を混合して硬化させた地中壁 (粉末活性炭混合CB地中壁) で, 難分解性有機汚染物質を遮蔽する手法の検討を行った. 指標有機汚染物質として, 分子量の選別が可能なジエチレングリコールおよびポリエチレングリコールを使用した. 粉末活性炭混合CBの有機汚染物質に対する遮蔽能力の解明を, 吸着物質の移動を解析するモデルに, 移流拡散方程式を適用して実施した. そして, 有効拡散係数, 遅延係数および間隙内平均流速等の実測結果を用いることで, 有機汚染物質の破過時間を予測した. この結果, 厚さ1mの地中壁を構築し, 動水勾配が0.1を示すとき, 分子量200から1000の有機物質は100年以上, 分子量100でも40年以上の遮蔽能力が算出された.

A study was conducted to investigate the diffusion prevention procedure of non-biodegradable organic contaminants in groundwater by installing powdered activated carbon mixed CB cut-off barriers. Diethylene and polyethylene glycols were applied as the indicating contaminants. An estimation on the diffusion prevention ability was carried out applying advective diffusion equation. As the results, the reaching periods to breakthrough for 100 years or longer were estimated on the contaminants having approx. 200 to 1000 of molecular weights and for 40 years or longer was also estimated on the contaminants having approx. 100, when assuming both 1.0m in thickness of the cut-off barriers constructed and maintaining 0.1 of the hydraulic gradient.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 608, 77-85, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276789
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613406
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ