回転平膜表面に硝化細菌を固定した膜処理プロセスにおけるろ過抵抗に関する研究 A STUDY ON FILTRATION RESISTANCE IN THE MEMBRANE PROCESS WHERE AMMONIA OXIDIZERS ARE FIXED ON THE MEMBRANE SURFACE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 回転平膜の表面に硝化細菌を保持しながら膜ろ過を行う膜処理プロセスを用いて, 低濃度アンモニア性窒素 (NH<sub>4</sub><sup>+</sup>-N) の酸化を行った場合に形成される膜ろ過抵抗について検討した. 実験結果より, 本プロセスにおける膜ろ過抵抗は運転開始時に膜面に付着させる微生物群の特性に強く依存することが明らかとなった. 膜ろ過抵抗の分布について検討した結果, 本プロセスでは全膜ろ過抵抗の70-80%が膜面に付着・蓄積したケーキに起因するものであった. 約500時間に一度の頻度で付着ケーキの除去, 排出を行いながら長期連続運転を試みた結果, 約3000時間の運転継続が薬品洗浄無しで可能であった. 付着ケーキに起因する抵抗以外の膜ろ過抵抗は, 有機物質が膜細孔を覆い隠すことで発生していた.

The authors have developed a novel membrane process in which ammonia oxidizers are fixed on the membrane disk. In this study, the characteristics of the membrane filtration resistance was investigated. The results derived from this study were summarized as follows: (1) The magnitude of the filtration resistance was strongly affected by the initial inoculation. (2) The filtration resistance due to the accumulated cake was found to be dominant. (3) Increasing the disk rotational speed was found to be efficient for removing cake. About 3000 hours of the operation could be continued by only implementing this simple cleaning method every 500 hours. (4) Filtration resistance excluding the cake resistance seemed to be caused by humic substances and extracellular polymeric substance produced by biomass.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 608, 87-95, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276803
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613407
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ