岩盤のルジオン値分布形状のモデル化 A STUDY ON MODELING THE DISTRIBUTION OF LUGEON VALUES IN ROCK MASS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤の止水性評価はルジオン値の超過確率分布で行われてきた. ダム建設時に十分な止水性を確保するためにカーテンウォールを構築し, その止水性もルジオン値で評価している. 本研究では, ルジオン値の新しい分布形状のモデル化提案し, この分布形状からルジオン値の超過確率を求め, カーテンウォールの効果を評価している. 本手法を対象となった2地点に適用し, 有効な評価結果を得ている.

Water tightness of rock mass has been evaluated by the exceeding probability of Lugeon values. While constructing a darn, a curtain wall is often constructed to ensure the water tightness and the tightness is measured by the Lugeon values. This paper proposes a modeling of new Lugeon values distribution and evaluates the effectiveness of curtain wall from the exceeding probability of Lugeon values distribution proposed herein. The evaluation method described above is utilized to two target sites and successful results are obtained.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 610, 105-114, 1998-12-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    105833
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ