BATシステムによる土中メタンガスの定量的調査法の開発 DEVELOPMENT OF QUANTITATIVE EVALUATION METHOD FOR UNDERGROUND METHANE GAS USING BAT SYSTEM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地盤中に存在するメタンガスの調査法は確立されておらず, 多種多様な方法が取られており, その多くは「土中メタンガスの有る, 無し」の定性的評価に留まっている. 本研究では, より実際に近いメタンガスの定量的評価を行うため, BATシステム (スウェーデンのB. A. Torstensson が開発したシステム) を応用して, 被圧不活性状態で土中メタンガスを採取する方法を開発した. さらに採取されたガスの分析結果を検討することにより, 土中での存在状態を, 土中水溶存ガスと土中空隙遊離ガスに分けて定量評価する方法を考案し, 地下工事などへの応用を図ったものである.

Investigation method of underground methane gas is under development and only qualitative analysis is available so far. This paper presents the results of our study for the quantitative evaluation of underground methane gas, applying BAT Sampling System which was developed by B. A. Torstensson, Sweden. In our study, we 1) collected underground gas in an artesian, inactivated condition as is the condition in the ground, 2) quantitatively evaluated the concentrations of the gas both in water and air and 3) applied this sampling system to the underground work.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 609, 111-121, 1998-12-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003277157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    105912
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ