溶融ポリマー間の界面張力測定法 Determination of Interfacial Tension between Polymer Melts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Andreasらの手法で生じるドロップを押し出したキャピラリの影響を受けない溶融ポリマー間の界面張力導出手法について検討した. このためドロップ像の画像解析によって得られるドロップの曲率と深さの回帰直線を用いて界面張力を導出した. さらに導出した界面張力の値を用いて逆にドロップを数値計算して元のドロップと比較し正確な界面張力の値が得られているか判定した. この手法を用いて測定した界面張力の値はドロップの体積やキャピラリの内径に依存しなかった.

An optimal estimation method for the interfacial tension between polymer melts was developed to avoid the capillary effect of Andreas' method. This new method was based on the linear regression analysis for the drop curvature and depth. The digital image analyzing technique was utilized for calculating the drop curvatures. The estimated interfacial tension was checked by comparing the numerically integrated Laplacian curve with the drop profile. The interfacial tension determined with this method was independent of both the drop volume and the inside diameter of the drop-forming capillary.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 53(6), 352-357, 1996-05-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    TAYLOR G. I.

    Proc. R. Soc. (London) 226A, 34, 1954

    被引用文献1件

  • <no title>

    HOBBS S. Y.

    Polymer 29, 1598, 1988

    被引用文献8件

  • <no title>

    LAPLACE P. S.

    Mecanique Celeste supplement to the 10th book, 1806

    被引用文献1件

  • <no title>

    ANDREAS JM.

    J. Phys. Chem 42, 1001, 1938

    被引用文献3件

  • <no title>

    FORDHAM S.

    Proc. R. Soc.(London) A194, 1, 1948

    被引用文献1件

  • <no title>

    ROE R. J.

    J. Phys. Chem. 71, 4190, 1967

    被引用文献1件

  • <no title>

    ROTENBERG Y.

    J. Colloid Interface Sci. 93, 169, 1983

    被引用文献6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003283668
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    3986211
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ