トリス(2-ヒドロキシエチル)イソシアヌレートの分解 Decomposition of Tris(2-hydroxyethyl)isocyanurate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

結合として非常に安定とされているイソシアヌレート結合の分解反応について検討を行った. 溶媒にジメチルホルムアミド (DMF) を用い, 触媒量 (水酸化カリウム/基質=1/50) の水酸化カリウムを添加したトリス (2-ヒドロキシエチル) イソシアヌレート (THEIC) 溶液を130℃で4時間反応させることにより, ほぼ定量的に分解され, 生成物として2-オキサゾリジノンを得た. 添加物として塩基性化合物である水酸化カリウムを用いることにより, 今までより, より温和な条件で容易に分解反応が進行することが明らかとなった.

Tris (2-hydroxyethyl) isocyanurate (THEIC) was decomposed by means of chemical treatment. NMR analysis showed that the products contained large amounts of 2-oxazolidinone. The effects of potassium hydroxide as an additive, reaction temperature and time, and solvent were investigated. The decomposition of THEIC with potassium hydroxide in dimethylformamide (DMF) at 130°C for 4 hours gave a quantitative amount of 2-oxazolidinone. These results indicate that THEIC decomposed under mild reaction conditions in the presence of potassium hydroxide.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 54(6), 407-411, 1997-06-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    岡本弘

    化学工業 577, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    FRAZIER T. C.

    J. Org. Chem. 25, 1944, 1960

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAVIGH A. A.

    J. Chem. Soc. 3148, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    CUMMINS R. W.

    J. Org. Chem. 28, 85, 1963

    被引用文献2件

  • <no title>

    小山 徹

    日本化学会誌 477, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    島崎長一郎

    日本化学会誌 375, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    小山 徹

    日本化学会誌 552, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    小山 徹

    日本化学会誌 1758, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    小山 徹

    日本化学会誌 1078, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    BUDNOWSKI M.

    Angew. Chem 80, 851, 1968

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003286252
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4248827
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ