ポルフィリンを層状に内包するデンドリティックポリリシン Stratified Porphyrins in Dendritic Poly(L-lysine)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 丸尾 直樹 MARUO Naoki
    • 九州工業大学工学部物質工学科 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology

抄録

デンドリティックポリリシン (DPK) の内部に多数のポルフィリンを層状に配置することは, 機能性原子団の集積の方法として興味深い. そこでDPKの合成過程で, 側鎖にポルフィリンを担持したリシンを用い, 3, 4, または5世代目にポルフィリンを導入した. DPKは全体として球状構造を有し, ポルフィリンの配向はランダムであると考えられた. しかし, CDスペクトルによってポルフィリンの配向状態を調べたところ, ジメチルホルムアミド (DMF) 溶液のトルエン希釈に伴って, トルエン含量が50%以上でSoret帯に励起子分裂型CDが認められた. 分裂強度はトルエン含量が増すほど大きくなり, ポルフィリン環1個当たり1.6×106deg・cmcm2・dmol-1に達した. このようなポルフィリンの配向化現象は, ペプチド鎖に対する良溶媒 (DMF) とポルフィリンに対する良溶媒 (トルエン) との関係でDPKが圧縮されることによって生じたと考えられる.

Sixteen porphyrin rings were introduced to dendritic poly (L-lysine). The synthesis of lysine dendrimer was carried out starting with hexamethylenediamine and Boc-Lys (Boc) -OH. At the fourth generation, a lysine monomer containing a porphyrin ring, Boc-Lys (Por) -OH was coupled to introduce 16 porphyrin rings on the side chain of lysines. Further, the main chain was elongated to the sixth generation. The Boc-Lys (Por) -OH was also introduced at the third or fifth generation to allow different numbers of porphyrin rings to be stratified in the dendritic poly (L-lysine). These dendrimers were soluble in dimethyl formamide (DMF), dichloromethane (DCM), and tetrahydrofuran (THF). Circular dichroism (CD) spectra of the dendrimers gave no significant peaks in DMF. However, a strong split Cotton effect was observed increasingly in CD by the addition (>50%) of toluene. We presume that stratified porphyrins formed a chiral conformation in the dendrimer by a mixed solvent effect of DMF (good solvent for polypeptide) and toluene (good solvent for porphyrin).

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 54(10), 731-737, 1997-10-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    TOMALIA D. A.

    Polym. J. 17, 117, 1985

    被引用文献35件

  • <no title>

    DENKEWALTER R. G.

    U.S.Patent, 4,289,872, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    AHARONI S. M.

    Macromolecules 15, 1093, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAM J. P.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 85, 5409, 1988

    被引用文献9件

  • <no title>

    WANG C. Y.

    Science 254, 285, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    HASEGAWA E.

    J. Polym. Sci., Polym. Chem. Ed. 15, 3039, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUDSON D.

    J. Org. Chem. 53, 617, 1988

    被引用文献3件

  • <no title>

    MATILE S.

    J. Am. Chem. Soc. 118, 5198, 1996

    被引用文献4件

  • <no title>

    ARAI T.

    J. Chem. Soc., Chem. Commun. 2133, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    EMA T.

    Tetrahedron Lett. 36, 5905, 1995

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003287105
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4334410
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ