ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)を組み込んだマイクロカプセルからの温度応答性放出制御 Thermo-Responsive Microcapsules Using Poly(N-isopropylacrylamide)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • KIDCHOB Tongjit KIDCHOB Tongjit
    • 京都大学大学院工学研究科材料化学専攻 Department of Material Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 木村 俊作 KIMURA Shunsaku
    • 京都大学大学院工学研究科材料化学専攻 Department of Material Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 今西 幸男 IMANISHI Yukio
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Material Science,Nara Institute of Science and Technology

抄録

マイクロカプセルにポリ (<I>N</I>-イソプロピルアクリルアミド) (PNIPAAm) を組み込んだ2種類の異なる温度応答性マイクロカプセルを調製し, 親水性薬剤モデルの温度応答性放出を調べた. まず, ブロックポリペプチドマイクロカプセルの表面に開始剤を固定化し, <I>N</I>-イソプロピルアクリルアミドの重合を行って, マイクロカプセル表面にPNIPAAmをグラフト化したマイクロカプセルを調製した. PNIPAAmの下限臨界溶解温度より高温側では, マイクロカプセルの表面に密度の高いスキン層が形成され, 内包した薬剤の放出が抑制されたのに対し, 低温側ではスキン層の消失により放出が促進された. また, この薬剤放出の温度変化に対する応答は狭い温度範囲で素早く起こり, また, その応答は可逆的であった. もう一つの温度応答性マイクロカプセルとして, PNIPAAmゲルを内部に充填したポリ乳酸マイクロカプセルを調製した. このシステムでは, 下限臨界溶解温度より高温側ではゲルの収縮により含浸された薬剤の放出が促進された. また, マイクロカプセルからの放出は温度に応答して素早く起こり, 放出量はマイクロカプセル内部の空孔のサイズと充填したゲルの量により調節可能であった. このように, 生分解性ポリマーで調製したマイクロカプセルに, 温度応答性ポリマーであるPNIPAAmを組み込む方法を変えることで, 負の温度応答性および正の温度応答性を示すマイクロカプセルシステムを構築できた.

Two different types of thermo-responsive microcapsules were prepared by combining biodegradable polymer microcapsules and poly (<I>N</I>-isopropylacrylamide) (PNIPAAm). First, PNIPAAm was grafted on the surface of the polypeptide microcapsule by a new method of surface grafting. Dextran release from the microcapsule was faster below the lower critical solution temperature (LCST) of PNIPAAm than the rate above it. Then the temperature changed across the LCST, a reversible and thermo-responsive release from the microcapsule was observed. Notably, the transition of the release rate by changing the temperature occurred quickly in a narrow temperature range. Secondly, poly (L-lactic acid) (PLLA) microcapsules containing PNIPAAm gel were prepared. Internal cavities of PLLA microcapsules were filled partly or completely with PNIPAAm gel to obtain microcapsules for thermo-responsive drug release. The dextran release from the microcapsules showed a positively thermo-responsive release as the release was accelerated at the temperatures above the LCST, and nearly stopped below the LCST. The release rate of dextran was dependent on the amount of PNIPAAm gel loaded in the microcapsules as well as on the size of the internal cavities. The response rate of the microcapsules was also fast.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 55(4), 192-199, 1998-04-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    MARCHETTI M.

    Macromolecules 23, 1760, 1990

    被引用文献4件

  • <no title>

    HIROTSU S.

    J. Chem. Phys. 87, 1392, 1987

    被引用文献28件

  • <no title>

    OKAHATA Y.

    Macromolecules 19, 493, 1986

    被引用文献3件

  • <no title>

    YOSHIDA R.

    J. Controlled Release 32, 97, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    D'EMANUELE A.

    J. Controlled Release 36, 221, 1995

    被引用文献2件

  • <no title>

    MOORE S.

    J. Biol. Chem. 176, 367, 1948

    被引用文献2件

  • <no title>

    KIDCHOB T.

    J. Appl. Polym. Sci. 62, 453, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    HESKINS M.

    J. Macromol Sci. Chem. A 2, 1441, 1968

    DOI 被引用文献102件

  • <no title>

    D'Emanuele A.

    Int. J. Pharm. 118, 237, 1995

    DOI 被引用文献2件

  • <no title>

    KIDCHOB T.

    J. Controlled Release 40, 285, 1996

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003288481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4470469
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ