発展途上国における原子力損害賠償制度の整備-中国とインドネシアの例- Establishment of Nuclear Liability Regime in the Developing Countries-Examples of China and Indonesia-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本原子力学会誌 = Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    日本原子力学会誌 = Journal of the Atomic Energy Society of Japan 39(12), 1028-1034, 1997-12-30

    日本原子力学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    日本原子力産業会議

    世界の原子力発電開発の動向(1996年次ぎ報告) 12, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    OECD/NEA

    Third Party Liability 69, 1990

    被引用文献1件

  • Present status and prospects of the compensation system for nuclear damage in China

    ZHOU Zhiming

    Symp.on Nuclear Accidents Liabilities and Guarantees,OECD/NEA 278, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本エネルギー法研究所

    諸外国の原子力損害賠償制度,JELI-R-58 341, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本エネルギー法研究所

    諸外国の原子力損害賠償制度,JELI-R-58-2 19, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    OECD/NEA

    Third Party Liability 123, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    "Rancangan Undang-Undang R.I.tentang Ketenaganukliran"(インドネシア国新原子力法の原文), 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    Moendi Poernomo(Chief of At.Energy Control Bureau,Natl.At.Energy Agency,Indonesian Government)から筆者あてのインドネ, 1997

    被引用文献1件

  • 原子力損害賠償制度の現況と課題

    広瀬研吉

    原子力誌 39[1], 38, 1997

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003290350
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00047120
  • NDL 記事登録ID
    4366008
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-434
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ