溶剤型塗料系での有機顔料分散に対する色素骨格のペンダントした樹脂の効果 Effect of Polymers having a Chromophore as a Pendant Group on the Dispersion of Organic Pigments in the Solvent Born Paint

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

キナクリドンやインジゴといった共役の関係にある>C=0基と>NH基を有する色素は強塩基の作用によって, 鎖中にエポキシ基を有する樹脂との付加反応が進行する。その結果として得られる色素骨格がペンダントした樹脂は, 溶剤型塗料系における有機顔料の新規分散剤として有効に機能することを見出した。<BR>高分子分散剤は顔料表面に吸着することで顔料分散安定化を図るとされているが, 本樹脂は従来の分散剤と異なり, 酸塩基相互作用とは異質の作用により顔料表面に吸着する。そのため酸・塩基性成分に対して敏感な反応性を有する塗料硬化系においても, 本樹脂は硬化反応性に悪影響を与えることなく分散安定性の向上を可能とした。<BR>ペンダントする色素骨格は, 分散を施される有機顔料の構造と一致させる必要性は必ずしもなく, 異なった構造でも分散度や分散安定性の向上に有効であることが示唆された。<BR>ただし, 高分子鎖に添って2個以上の色素骨格がペンダントした樹脂は橋かけ凝集を引き起こし, 分散安定性の低下につながる可能性があり, 留意する必要があるものと考えられた。

Organic pigment molecules with conjugated>C = O and>NH groups, such as quinacridone and indigo, can be reacted additionally with a polymer having epoxide groups. The resultant chromophore pendant resin worked as a novel dispersant for organic pigments in the solventborn paint.<BR>The dispersed state of pigments is stabilized by resin adsorption onto the pigment surface. The chromophore pendant resin adsorbs on the pigment surface through a peculiar interaction which differs from the acid-base interaction of the conventional pigment dispersants. As a result, the chromophore pendant resin can stabilize the pigment dispersion without any influence on the reactivity of resin systems which are sensitive to the acid / base circumstances.<BR>The structure of the pendant chromophore was found not necessarily to be identical as the pigment. That is, even though the chromophores of a resin and pigment were different, both the degree and the stability of dispersion were appreciably improved.<BR>A bridging flocculation and the sequential lack in dispersion stability seemed to be caused by such resin molecules that had more than two chromophores along its molecular chain.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 70(8), 509-515, 1997-08

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003729780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4275675
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ