FSB法による塗膜の内部応力の測定 Measurement of internal stress in coatings by FSB metod

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

塗膜の内部応力の評価技術は, 塗膜の収縮による基材のたわみを測定し, その曲率半径から内部応力を算出する方法を中心に改良が加えられてきた。本報では, 新しい内部応力の測定法として, 単離塗膜から直接内部応力を測定する方法を提案し, 本方法をFSB法と命名した。FSB法では, 内部応力とともに残留ひずみも同時に得られ, さらに弾性率, 線膨脹係数も算出できることを示した。FSB法によって, 熱硬化性のエポキシーフェノール系塗膜の内部応力を評価した。内部応力と焼付条件およびエポキシ/フェノール比の関係を検討した結果, 焼付温度の上昇並びにフェノール比率の増加に伴い内部応力の増加がみられた。この内部応力の増加は, 弾性率には大きな差はなく, 残留ひずみに起因したものであることが明らかとなった。

Internal stress in organic coatings has been traditionally measured by the bending beam technique. In this study, a new method for the measurement of internal stress is proposed. This method is called FSB (free film stretch back) method.<BR>FSB method is based on the direct measurement of stress in detached film. Using FSB method, internal stress and internal strain were obtained directly and simultaneously. Then the elastic modulus of coatings was calculated by using the relation between strain and stress in the region of elasticity. Furthermore the linear expansion coefficient of coatings was derived from the relation between internal strain and glass transition temperature. FSB method was applied to estimate the internal stress and the related physical properties of epoxy-phenolic coating system. In this system, the internal stress in coatings increased depending on thermosetting temperature and also on phenolic content. The variation in internal stress was found to be caused not by elastic modulus but by internal strain.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 70(10), 650-655, 1997-10

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730095
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4324173
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ