ヒドロシリル化反応によりポリ(オキシビニル-1, 2-シクロへキシレン)/ポリ(ハイドロジェンシロキサン)硬化膜の塗膜物性 The Film Properties of Thermally Cured Coatings of Poly oxyvinyl-1, 2-cyclohexylene)/Poly(hydrogensiloxane)by Hydrosilylation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井賀 伸郎 IGA Nobuo
    • 日本ペイント(株)合成技術研究所 Research Institute for Chemicals & Macromolecules, Nippon Paint Co., Ltd.

抄録

白金触媒を用いたヒドロシリル化反応による有機/無機ポリマーネットワークを, ポリ (オキシビニル-1, 2-シクロヘキシレン) とポリ (フェニルメチルハイドロジェンシロキサン) との熱硬化反応により得た。この硬化反応では副反応は生じず, ヒドロシリル化反応のみが進行することをモデル反応により確認した。熱硬化膜のバルク組成と表面組成は良い一致を示し, 2成分の相溶性が良好なことが分かった。熱硬化膜の動的粘弾性試験 (11Hz) による塗膜ガラス転移温度 (Tg) は106~118℃と高く, またその耐アルカリ性 (0.1mol/IKOHエタノール溶液) も優れていることを確認した。促進耐候性試験 (紫外線蛍光結露試験) においては2000時間で塗膜異常はなく, また屋外暴露試験 (大阪府寝屋川市で暴露3年) では優れた耐汚染性 (色差1.8) を示すことが分かった。

The organic-inorganic hybrid polymer network was obtained by platinum-catalyzed hydrosilylation, as a thermally crosslinking reaction, of poly (oxyvinyl-1, 2- cyclohexylene) (POVCH) / poly (phenylmethylhydrogensiloxane) (PMHS). From the <SUP>29</SUP>Si-NMR analysis of the product as a model reaction of POVCH/PMHS, hydrosilylation was found to occur selectively. The thermally cured films of POVCH/PMHS had glass transition temperatures in the range of 106 to 118°C and showed excellent alkali resistance (0.1 mol/1 KOH ethyl alcohol solution). Compatibility between POVCH and PMHS was excellent. From XPS measurement, the cured films were found to be uniform in composition. The gloss of the cured film of POVCH/PMHS remained stable after the fluorescent UV-condensation cycle test for as long as 2000h. Outdoor exposure was carried out on two kinds of coatings of POVCH/PMHS and acrylic/melamine for three years in Neyagawa. It was found that color change (_??_E) of the unwashed panel of POVCH/ PMHS was 1.2, whereas that of the unwashed panel of acrylic/melamine was 12.0.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 70(12), 772-778, 1997-12-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    伊藤邦雄

    シリコーンハンドブック 384, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    橋本和昌

    ポリマー材料フォーラム講演要旨集 17, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    TANABE H.

    Angew. Markromol. Chem. 240, 91, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    井賀伸郎

    色材研究発表会講演要旨集 22, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    TANABE H.

    Proceedings of International Conference in Organic Coatings 22, 337, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    CRIVERO J. V.

    Macromol. Symp. 77, 413, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    CRIVERO J. V.

    Macromolecules 28, 8057, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    宝田充弘

    有機ケイ素シンポジウム要旨集 29, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    KNAPCZYK J. M.

    19th Proceedings of FATIPEC Congress 137, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOBOLSKY A. V.

    J. Polym. Sci. 54, 175, 1961

    被引用文献2件

  • <no title>

    CHIKOTI A.

    Surf. Interface Anal. 17, 567, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    CHAUMONT P.

    Polymer 22, 663, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    ENGELHARDT G.

    Polym. Bull. 5, 577, 1981

    被引用文献2件

  • <no title>

    伊藤邦雄

    シリコーンハンドブック 387, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    原保昭

    日化 5, 514, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    大杉宏治

    Polym. Prepr. Jpn. 41, 1481, 1992

    被引用文献2件

  • <no title>

    大杉宏治

    高分子論文集 53(7), 398, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    永田順一郎

    日本建築学会構造系論文集 9, 883, 1997

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4367091
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ