紫外・可視吸収スペクトルによるアゾメチン系色素とポリ(エチレンテレフタレート)フィルムの相互作用の検討 Absorption Spectroscopic Studies on the Interactions between Azomethine Dyes and Poly(ethylene terephthalate)Film

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長尾 幸徳 NAGAO Yukinori
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 松本 雄一 MATSUMOTO Yuichi
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 阿部 芳首 ABE Yoshimoto
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 御園生 堯久 MISONO Takashi
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo

抄録

アゾメチン系色素のポリエステル繊維への染着機構を明らかにする目的で, アゾメチン系色素とポリ (エチレンテレフタレート) フィルム (PET) との相互作用をアゾメチン系色素で染色したPETの紫外・可視吸収スペクトルに変形McRaeの式を適用し, 実際の色素・繊維間に働く力を定量的に評価した。<BR>色素とPETとの相互作用のうち配向力は, 0.1~0.2kcal/molで全相互作用の1~2%の寄与であった。さらに, 分散力と誘起力の和は7~14kcal/molで全相互作用の98~99%の寄与であった。

In order to obtain information on the dyeing mechanism of polyester fibers with azomethine dyes, we have investigated the interactions between a poly (ethylene terephthalate) film (PET) and azomethine dyes by the analysis of UV and visible absorption spectra in applying a modified McRae' s equation. The orientation force of the azomethine dyes estimated from the equation was about 0.1-0. 2kcal/mol, which was about 1 - 2 % of the total dye-PET interaction. The sum of dispersion and induction force of the azomethine dyes estimated from the equation was 7-14kcal/mol, which was about 98-99% of the total dye-PET interaction.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(1), 2-7, 1998-01-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730607
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4380584
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ