W/O エマルションを用いた顔料の形状制御 Control of Pigments' Diameter and Shape by Using Water-in-Oil Cmulsions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化粧品や食品あるいは医薬品等, 人体に直接関わるものに使用可能な色素は限定されており, 新色材の開発は, 既存色素の改質が中心となっている。今回, 顔料の着色特性に大きな影響を及ぼす粒径や形状をコントロールするたあ, W/Oエマルション中の微細な水滴に着目し顔料の調製をおこなった結果についてまとめた。酸性染料と多核アルミニウム塩とをW/Oエマルション中において反応させることにより, 優れた分散性を備える球状の微粒子顔料が得られた。これらの顔料の粒径は, 調製時のエマルション組成, 顔料濃度及びエマルション中の水滴粒径によってコントロールできることがわかった。顔料の粒径の減少に伴い, その着色力および着色物の彩度は上昇した。これらの変化は, 顔料粒径の減少に伴う散乱光の減少, および吸光係数の増大によるものであることがわかった。

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(3), 194-203, 1998-03-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  44件中 1-44件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730990
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4437079
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ