合成雲母表面へのポリエステルのグラフト重合 : 合成雲母存在下で開始されるエポキシドと環状酸無水物とのアニオン開環交互共重合 Grafting of Polyesters onto Synthetic Mica Surface : Anionic Ring-Opening Copolymerization of Epoxides and Cyclic Acid Anhydrides Initiated by Synthetic Mica

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

合成雲母の存在下で開始される各種エポキシドと環状酸無水物とのアニオン開環交互共重合にっいて検討した。その結果, 合成雲母存在下でエポキシドと環状酸無水物とのアニオン開環交互共重合が開始され, 対応するポリエステルが得られることが分かった。しかしながら, 雲母表面へのポリエステルのグラフトはわずかであった。これに対して, 15-クラウン-5を添加した系では, 合成雲母のONa基により, エポキシドと環状酸無水物とのアニオン開環交互共重合が開始され, 合成雲母表面へ対応するポリエステルがグラフトすることが分かった。また, N, N-ジメチルホルムアミドを溶媒に用いる重合系では, 雲母表面ばかりでなく雲母層問へもポリエステルがグラフトすることが示唆された。

The anionic ring-opening copolymerization of styrene oxide (SO) and phthalic anhydride (PAn) took place in the presence of synthetic mica to give the corresponding polyester, but the amount of grafted polyester onto the surface was small. By addition of crown ether, 15-crown-5, to the polymerization system, the anionic ring-opening copolymerization of epoxides and cyclic acid anhydrides was accelerated and polyester-grafted mica with higher percentage of grafting was obtained. For example, the percentage of grafting of poly (SO-alt-PAn) was reached to 27. 5% after 8 h. The synthetic mica lost the initiating ability of the copolymerization by the treatment with acid. The grafting of polyesters onto the surface was confirmed by IR spectra. Based on the above results, it was suggested that ONa group of synthetic mica surface and its interlayer played an important role in the initiation of the copolymerization. When the polymerization was carried out after the swelling of synthetic mica with N, N-dimethylformamide, the polyester formed was suggested to be intercalated in the interlayer of synthetic mica by XDR pattern of polyester-grafted mica.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(5), 305-311, 1998-05-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    近藤連一

    化学総説 No. 8 複合材料 198, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    コープケミカル株式会社研究開発部

    合成雲母技術資料, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    DEKKING H. G. G.

    J. Appl. Polym. Sci. 9, 1641, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    大久保政

    日本接着協会誌 20, 105, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    USUKI A.

    J. Mater, Res. 8, 1179, 1993

    被引用文献20件

  • <no title>

    臼杵有光

    高分子論文集 52, 440, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    KROKER R.

    Prog. Org. Coat. 1, 23, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    HILT A.

    Makromol. Chem. 89, 177, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    坪川紀夫

    高分子 45, 412, 1996

    被引用文献4件

  • <no title>

    坪川紀夫

    日本ゴム協会誌 70, 378, 1997

    被引用文献5件

  • <no title>

    TSUBOKAWA N.

    Polym. Bull. 10, 63, 1983

    被引用文献4件

  • <no title>

    坪川紀夫

    高分子論文集 42, 509, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    TSUBOKAWA N.

    J. Polym. Sci.: Part A, Polym. Chem. 28, 1923, 1990

    被引用文献4件

  • <no title>

    坪川紀夫

    高分子論文集 50, 235, 1993

    被引用文献6件

  • <no title>

    FISCHER R. F.

    J. Polym. Sci. 44, 155, 1960

    被引用文献2件

  • <no title>

    TANAKA Y.

    J. Polym. Sci. A2, 3405, 1964

    被引用文献2件

  • <no title>

    松浦一雄

    工化 69, 707, 1966

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003731219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4470581
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ