化学構造データ変換プログラムMOLCONVの開発 -NEC98からIBM PCへの移植- Development of A File Conversion Program for Chemical Structure Data : MOLCONV -Transplantation of the MOLCONV program from PC-9801 for IBM personal computer-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学構造データ変換プログラムMOLCONVをIBM PCおよび、その互換機上で動作するようにNEC 98用から移植を行った。移植には、米国Microsoft社のMicrosoft Visual BasicのIBM PC用MS-DOS版を用いた。近年、Microsoft Windowsの普及に伴い、IBM PCおよび、その互換機の利用者が、日本にも増えてきた。また、従来からのBASICアプリケーションの資産継承という目的からこの移植を試みた。移植に必要なIBMPC用のVisual Basicは、電子メールとFAXを利用して米国から輸入したが、入手価格や時間の面で利便があった。プログラムの移植にあたっての注意点は、日本語処理に関する関数やステートメントを置き換えることが、そのほとんどであった。

MOLCONV [1, 2] that was a file conversion program for data formats of molecular structures in chemistry was transplanted from NEC PC-9801 for IBM PC or its compatible computers. Microsoft Visual Basic for MS-DOS sold in the USA was utilized as the compiler, because, IBM PC users were rapidly increasing with the popularity of Microsoft Windows in Japan; and this compiler was able to use a large property as Basic application until now. The Basic in USA was ordered using electronic mail and FAX, and imported. The price and the time to have Basic were a profitable deal over Japan. The main work for transplantation was replacement of functions or statements for Japanese two bytes character code with other functions or statements.

収録刊行物

  • The Journal of chemical software

    The Journal of chemical software 4(3), 119-126, 1998-09-15

    SOCIETY OF COMPUTER CHEMISTRY, JAPAN

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003740403
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09180761
  • NDL 記事登録ID
    4663677
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z17-1611
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ