TRMMの科学的背景と意義 Scientific Backgrounds and Expectations for TRMM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,科学研究とその応用におけるTRMM観測への期待をいくつかの観点から考察した。大循環の理解・プロセス研究・モデルや予報技術の発展においてTRMMの果たす役割は大きいと考えられる。問題となるのは,観測頻度および今後の観測の継続性である。また,より高緯度域の同様な観測も望まれている。<BR>今後,TRMMと同様な機能を備えた複数の衛星による継続的な観測が行われることを期待するところである。

Expected contributions of TRMM on scientific research and applications are discussed. It is expected that TRMM will play a major role on progresses in understanding the tropical general circulation and the mesoscale meteorology. The impacts of TRMM products on the numerical weather prediction are also discussed. Long-term continuous observations with following similar satellites will be required for further contributions.

収録刊行物

  • 日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan

    日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan 18(5), 421-435, 1998-12-25

    The Remote Sensing Society of Japan

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003790875
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10035665
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02897911
  • NDL 記事登録ID
    4771179
  • NDL 雑誌分類
    ZM15(科学技術--科学技術一般--測定・測定器)
  • NDL 請求記号
    Z14-1022
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ