1989年12月東京湾サイレント・アースクェイクの可能性  [in Japanese] A Silent Earthquake of December 9, 1989, in the Tokyo Bay, as Revealed by the Continuous Observation of Crustal Movements in the Sourthern Kanto District, Central Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

科学技術庁防災科学技術研究所の関東・東海地域の地殻変動連続観測記録を, BAYTAP-G [ISHIGURO and TAMURA (1985)] を用いて解析し, 1989年12月9日, 南関東一帯で, 時定数約1日の傾斜ステップが生じたことを見いだした.<br>データの観測数が少ないので, インバージョンにおける自由度を減らすため, 傾斜ステップの震源はフィリピン海プレートの上面の非地震性スベリと仮定し, ISHIDA (1992)によるフィリピン海プレートの上面にそって0.1度ごとに, 断層の走向, 断層の傾斜, スリップの方向, 食い違いの大きさの4つのパラメーターをフリーに, 断層面モデルを求あるインバージョンを行った.<br>その結果, 次のことがわかった. 断層面の主要部分がFig. 7のように東京湾に分布し, ほぼ北に向かって約13度で低角に傾く, 下盤のスリップ・ベクトルの方向北60度西の, フィリピン海プレートの沈み込みと大局的に調和的な断層面モデルが得られた. 解放されたモーメントは約0.7×10<sup>18</sup>Nm (<i>M</i><i>w</i>5.9相当) であった. ただし, 統計的検定からは, 東京湾中央部ではなく東京湾周辺である可能性も存在する.<br>震源核 (サイレント・アースクェイク) の発生予測を行うには, その発生法則が重要である. しかし, 日本列島周辺のスロー・アースクェイクやサイレント・アースクェイクの発見事例は数個しかないので, 発生法則などを議論するには時期尚早である. スロー・アースクェイクやサイレント・アースクェイクなど間欠的非地震性すべりの経験を蓄積することが, 地震短期予知研究の戦略として重要であろう.<br>1989年12月の事例ではS/Nの良い記録が少なく, フィリピン海プレート上端という条件を付けざるをえなかったとか, インバージョンによって得られた断層の位置の分解能など, 残された問題もあるが, 本研究で得られた知見は, 発展し始めたばかりの「非地震性すべりを組み込んだプレート境界ダイナミクス研究」や, 地震予知研究などの関連諸分野の研究にとって, 意義ある一ステップとなるであろう.

Continuous records of crustal tilts and strains in the southern Kanto district, central Japan, during ten years from 1985 to 1994 are analyzed. Applying the Bayesian tidal analysis method, the original records of a sampling interval of an hour are decomposed into tide, atmospheric pressure effect and trend components. In the trend component, synchronous ramp-type steps of an order of 10<sup>-8</sup> radian are found with a time constant of about one day on December 9, 1989. A grid search by the inversion of the steps is made to obtain fault parameters. The optimal model is a low-angle thrusting toward the north with a slip direction of hanging wall of S60°E at the depth of around 24km beneath the central part of the Tokyo Bay along the subduction interface between the Philippine Sea and the overriding north American plates. Thus, it is concluded that a silent earthquake of a time constant of about one day on December 9, 1989, released an interplate moment of around 0.75×10<sup>18</sup>Nm, which is equivalent to that of <i>M</i><sub>w</sub>5.9 seismic event, beneath the Tokyo Bay near the transition zone between the coupled and the uncoupled regions on the subduction interface.

Journal

  • Zisin (Journal of the Seismological Society of Japan. 2nd ser.)

    Zisin (Journal of the Seismological Society of Japan. 2nd ser.) 53(1), 11-23, 2000-07-25

    SEISMOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

References:  23

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10004679682
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00305741
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00371114
  • NDL Article ID
    5447042
  • NDL Source Classification
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL Call No.
    Z15-199
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top