非定型抗酸菌症の治療に関する見解-1998年  [in Japanese] View on treatment of atypical mycobacteriosis 1998. August, 1998.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 河原 伸
    • 日本結核病学会非定型抗酸菌症対策委員会
    • 原 耕平
    • 日本結核病学会非定型抗酸菌症対策委員会
    • 一山 智
    • 日本結核病学会非定型抗酸菌症対策委員会
    • 斎藤 肇
    • 日本結核病学会非定型抗酸菌症対策委員会

Abstract

日本結核病学会治療委員会は1987年に「非定型抗酸菌症の治療に関する見解」を発表したが, 本委員会は, 最近の10年間の非定型抗酸菌症に関する研究の進歩を踏まえて, 「非定型抗酸菌症の治療に関する見解-1998年」を公表することとした.

Journal

  • Kekkaku(Tuberculosis)

    Kekkaku(Tuberculosis) 73(10), 599-605, 1998-10-15

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

References:  29

Cited by:  65

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10005035053
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00073442
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00229776
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top