維持血液透析患者でリポプテイン(a)は冠動脈疾患の独立した危険因子となるか Lipoprotein(a) as an independent risk factor of coronary artery disease in patients on hemodialysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

冠動脈疾患 (CAD) などの心血管系合併症の発症頻度が維持血液透析 (HD) 患者で高いことが問題になっている. HD患者の脂質代謝異常が動脈硬化の発症, 進展に大きな役割を演じていることが報告され, 高中性脂肪 (TG) 血症と低HDL-コレステロール (HDL-C) 血症がその特徴と考えられている. 近年, リポプロテイン (a) (Lp(a)) の上昇しているHD患者の多いことが報告されるようになり, 心血管系合併症, なかでもCADとの関連が注目されるようになった. 今回, 我々は5年間経過を観察し, HD患者のLp (a) が心血管系合併症, なかでもCADの独立した危険因子となるか, 検討した.<br>5年間でHD患者268名 (慢性腎炎: CGN212名, 糖尿病性腎症: DN56名) のうち70名が死亡した. 内訳は心血管系合併症, 悪性腫瘍, 感染症の順であった. 心血管系合併症による死亡例は脳血管障害 (CVD) 26名, CAD22名, 胸部大動脈瘤破裂1名の計49名であった. 心血管系合併症で死亡した症例は, 非心血管系合併症で死亡した症例に比較して, Lp (a) が有意に上昇していた. また心血管系合併症のうちCVDに比較してCADでLp (a) はさらに上昇していた.<br>しかしながら, Lp (a) 30mg/d<i>l</i>以上の症例は未満の症例に比較して生存率が低いという結果は得られなかった.<br>CADで死亡した症例はLp (a) のオッズ比4.13 (95%信頼区間1.25-15.0), 相対危険度0.71で, HD患者でLp (a) はCADの独立した危険因子となることが示唆された.<br>以上より5年間の経過観察から, 心血管系合併症で死亡したHD患者のLp (a) は上昇しており, Lp (a) はCADの独立した危険因子となる可能性が高い.

It has been suggested that lipid abnormalities may be involved in the development of cardiovascular events (especially, coronary artery disease) in patients on maintenance hemodialysis (HD). Hypertriglyceridemia commonly accompanies this condition and is associated with decreased HDL-cholesterol levels. Recently, clinical attention has been focused on disturbances in Lp (a) in relation to cardiovascular events. Although high Lp (a) levels are associated with coronary artery disease, such data concerning HD patients appears limited. We therefore studied whether Lp (a) levels per se in HD patients is an independent risk factor from coronary artery disease.<br>Lp (a) were measured in 268 HD patients (chronic glomerulonephritis, N=212; diabetic nephropathy, N=56). The prognosis of these patients was investigated for up to 5 years. The death rate in HD patients during the follow-up period was 26.1%:70.0% involved cardiovascular events. HD patients who died of cardiovascular events had significantly higher Lp (a) level than those died of non-cardiovascular events. The relative risk of death from coronary artery disease was 0.71 in HD patients with Lp (a) levels above 30mg/d<i>l</i>.<br>Lp (a) levels can predict the subsequent risk of death from coronary artery disease in HD patients.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 31(6), 1017-1023, 1998-06-28

    一般社団法人 日本透析医学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10005250112
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403451
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ