腎機能低下例におけるritipenem acoxilの体内動態および尿路感染症に対する臨床的検討 Clinical efficacy in urinary tract infections and pharmacokinetics in impared renal function of ritipenem acoxil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しい経口ペネム剤であるritipenem acoxil (RIPM-AC) について尿路感染症に対する臨床効果の検討, 腎障害例における体内動態の検討を行い以下の結論を得た。<BR>1) 本剤200mg単回投与後の血中, 尿中濃度の推移を評価可能な腎機能低下患者8名 (I群;60ml/min < Ccr≦90ml/min, n=3, II群: 30ml/min < Ccr≦60ml/min, n=2. III群: Ccr≦30ml/min, n=3) を対象に比較検討した。Tmax (1群: 1.58±0.42時間, II群: 3.50時間, III群2.67±0.33時間), Cmax (I群: 2.25±0.90 μg/ml, II群: 1.32 μg/ml, III群3.20±0.72μg/ml), T<SUB>1/2</SUB> (1群: 0.64±0.02時間, II群: 0.91時間, III群 4.26±156時間) であった。また尿中回収率 (0-12時間) は1群で20.5±9.2%, II群で26.0%, III群で11.8±2.2%であった。<BR>2) 慢性複雑性尿路感染症10例に1回200mgを, 1日3回, 5日間から14日間内服投与した。主治医判定で著効4例, 有効2例, やや有効1例, 無効3例で, 無効例は何れも緑膿菌感染であった。UTI薬効評価基準に従って判定可能の8例では, 著効4例, 有効1例で, 緑膿菌感染の3例では無効であった。また, 投与症例すべてについて本剤に起因すると思われる自・他覚的副作用は認められず, 臨床検査値の異常も認められなかった。

We studied ritipenem acoxil (RIPM-AC), a new oral penem, for its clinical efficacy incomplicated urinary tract infection and its pharmacokinetics in patients with impaired renalfunction. The results were as follows.<BR>1. In 10 patients with impaired renal function, blood levels and urinary excretion after oraladministration were investigated. Clear differences were observed between patients with severelyimpaired renal function and healthy volunteers.<BR>2. Ten patients with complicated urinary tract infection were treated with 600 mg per day of RIPM-AC for 5 to 14 days. According to the criteria proposed by the Japanese UTI Committee, theclinical efficacy of RIPM-AC was excellent in 4, moderate in 1 and poor in 2. Neither clinicaladverse effects nor abnormal laboratory findings associated with RIPM-AC treatment wereobserved.

収録刊行物

  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 43, 250-255, 1995-01-25

    公益社団法人 日本化学療法学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

ページトップへ