恙虫病病原体Orientia tsutsugamushiの微生物学  [in Japanese] Microbiology of Orientia tsutsugamushi  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

恙虫病病原体はリケッチアの一種で,これまで<i>Rickettsia tsutsugamushi</i>と呼ばれてきた。しかし我々は本菌が他のリケッチア属のものとは種々の点で性状を異にすることを見出し,これを新属に分類し,<i>Orientia tsutsugamushi</i> (<i>Ot</i>)と改名することを提唱した。本稿では,<i>Ot</i>の形態と構造やその他の性状に基づいて新属に分類するにいたった理由を解説し,さらに<i>Ot</i>の分離培養上の新知見,細胞内増殖機構,各種血清型の存在と型特異的抗原の同定及びその構造解析,各血清型間の類縁関係と分類,本邦に分布する<i>Ot</i>と国外で分離される<i>Ot</i>との異同,ベクター体内での<i>Ot</i>の分布と垂直伝播機構,媒介ツツガムシ種と<i>Ot</i>の血清型との関係,マウスに対する病原性,などについて,主に最近の知見を中心に我々のこれまでの研究成果を解説した。

Journal

  • Nippon Saikingaku Zasshi

    Nippon Saikingaku Zasshi 54(4), 815-832, 1999-11-30

    JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY

References:  68

Cited by:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10005895687
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00189800
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00214930
  • NDL Article ID
    4932080
  • NDL Source Classification
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-229
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top