時刻の基準と比較  [in Japanese] Time references, clocks and GSP time comparisons.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

われわれが日常使っている時刻の基準となるのは,世界各地の原子時計の統計的平均として作られた国際原子時である.基準時刻は相対性理論によって座標時として定義され,セシウム原子時計を主とする原子詩計群,およびこれらを高精度で相互比較するためのGPSを利用した時刻比較法によって,国際的な時刻決定が行われている.関連した話題をいくつか紹介する.

Journal

  • OYOBUTURI

    OYOBUTURI 61(6), 592-595, 1992-06-10

    The Japan Society of Applied Physics

References:  7

  • <no title>

    青木信抑

    時と暦 213, 1982

    Cited by (1)

  • <no title>

    吉村和幸

    周波数と時間 6, 1989

    Cited by (1)

  • <no title>

    DAVIS M. M.

    Nature 315, 547, 1985

    Cited by (2)

  • <no title>

    青木信抑

    天文月報 77, 36, 1984

    Cited by (1)

  • <no title>

    藤本眞克

    計測と制御 27, 609, 1988

    Cited by (1)

  • <no title>

    山崎利孝

    1991年日本天文学会秋季年会講演予稿集 A42, 1991

    Cited by (1)

  • <no title>

    PRESTAGE J. D.

    Phys. Rev. Lett. 54, 2387, 1985

    DOI Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10006628860
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00026679
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL Article ID
    3765235
  • NDL Source Classification
    M061(測定・測定器)
  • NDL Source Classification
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL Call No.
    Z15-243
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top