看護ケアの質を評価する尺度開発に関する研究 : 信頼性・妥当性の検討 Development of Questionnaire to Measure the Quality of Nursing Care for Patients and Nurses : A Study of Validity and Reliability

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は看護ケアの質質問紙の信頼性・妥当性を検討するために, 看護婦742名, 患者626名を対象に調査を行った。<BR>「看護ケアの質質問紙一患者用」(QNCQ-PT) 39項目, 及び「看護ケアの質質問紙-看護婦用」(QNCQ-NS) 43項目であり, それぞれ11のサブスケールからなるリカート型尺度である。<BR>QNCQ-PTの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが分割されることなく抽出され, 理論構成は支持された。また, 患者信頼スケールとの間に高い相関関係が認められ, 併存妥当性が支持された。さらに, 患者のケアの質の評価は, 退院時の健康度を予測する事が可能であり, 予測妥当性は支持された。<BR>QNCQ-PTの信頼性は, 内的整合性の指標であるCrOnbach'sα係数が全体で0.98であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.91であった。<BR>QNCQ-NSの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが1-3個まとまって抽出され, 理論構成は支持された。また, 理論的予測に基づく関係性として, 看護婦の仕事満足との間に相関関係が認められ, 構成概念の妥当性は支持された。<BR>QNCQ-NSの信頼性は, Cronbach'sα係数が全体で0.96であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.73であった。<BR>以上の結果より, QNCQ-PTおよびQNCQ-NSともに, 質問紙全体としての妥当性・信頼性があると判断された。

The present study was designed to develop questionnaires to measure the quality of nursing care from viewpoints of nurses and patients and to examine the validity and reliability of the instruments.<BR>Subjects were patients who were able to fill in the questionnaire form by themselves and nurses working at the same wards (46 wards) in 9 medical institutions located in Tokyo and 3 prefectures. An effective response was received from 626 patients and 742 nurses. The questionnaires used in the study were self-report instruments (2nd version) designed to assess the quality of nursing care, consisting of 39 question items in 11 subscales for patients (QNCQ-PT) and 43 question items in 11 subscales for nurses (QNCQ-NS). Both types of questionnaires included 4 Likert scales from disagree to strongly agree.<BR>Results of testing for the validity of QNCQ-PT supported construct validity, concurrent validity and predictive validity. Reliability tests also showed internal consistency and stability, which was examined using the test-retest method, of QNCQ-PT as a whole.<BR>Validity tests of QNCQ-NS supported construct validity. Reliability tests also showed internal consistency and stability, which was examined using the test-retest method, of QNCQ-NS as a whole.<BR>The above findings indicate that QNCQ-PT and QNCQ-NS have enough reliability and validity for practical use.

収録刊行物

  • 日本看護科学会誌

    日本看護科学会誌 16(3), 30-39, 1996-11-01

    日本看護科学会誌

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10007752052
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00010260
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02875330
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ