関西圏の海砂枯渇に伴う輸入砂の利用 Use of Imported Sand to Compensate for the Shortage of Sea Sand in the Kansai Bloc

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在, 関西圏のコンクリートに用いられている海砂は, 主に中国・四国・九州地区を産地としており, その多くの地区では, 今後数年間に採取規制や採取禁止が予定されている。このため, 業界では将来の海砂枯渇の代替として, 砕砂, スラグ細骨砂, 再生細骨材および輸入細骨材等の材料が検討されている。本稿では, 産出量が豊富にある輸入細骨材のうち, 特に中華人民共和国の川砂導入を例に挙げ, 輸入細骨材の導入における問題点, 留意点, 供給および品質管理体制について報告するものである。

At present, the sea sand used in concrete in the Kansai Bloc is obtained from the Chugoku, Shikoku, and Kyushu Districts, areas in which sand collection will be restricted or prohibited in several years. Therefore, the industry is now investigating the use of crushed sand, fine slag aggregate, recycled fine aggregate, and imported fine aggregate in concrete. Of the fine aggregates produced in significant quantities by foreign countries, this paper focuses on river sand from the People's Republic of China and reports on the problems and supply and quality control issues involved with the use of imported fine aggregate.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 40(4), 19-26, 2002-04-01

    日本コンクリ-ト工学協会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008002323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    6125375
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ