昆虫病原性線虫スタイナーネマの基礎から応用  [in Japanese] Basic Information and Applied Technology of Steinernematid Nematodes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 山中 聡 YAMANAKA Satoshi
    • (株)エス・デイー・エスバイオテックつくば研究所・バイオプロダクト SDS Biotech K. K. Tsukuba Technology Center

Abstract

スタイナーネマ属の昆虫病原性線虫は, 広い殺虫スペクトラムをもち, 害虫の生物的防除資材として世界的に利用されている。我が国においてもすでに3剤が生物農薬として登録されている。この有益な線虫を有効に利用するために必要な生物学的特性やその防除技術について述べた。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 1-5, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  18

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014520
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03888258
  • NDL Article ID
    6167502
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-120
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top