静岡県内のメロンモザイク病株から分離されたズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)の同定  [in Japanese] Identification of Zucchini yellow mosaic virus (ZYMV) Isolated from Melon Cucumis melo L., in Shizuoka Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1999年8月, 静岡県内2市町のメロン栽培温室からモザイク症状を示した株を採集し, これらから分離したウイルスについて病徴の再現, 宿主範囲, 血清反応, 塩基配列の一部について検討した。これらの結果から, 本ウイルスをズッキーニ黄斑モザイクウイルス (<i>Zucchini yellow mosaic virus</i>=ZYMV) と同定した。病名をメロンモザイク病として提案し, 同病の病原ウイルスの一つにZYMVを追加したい。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 53-56, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  7

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014585
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03888258
  • NDL Article ID
    6167578
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-120
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top