トマト黄化えそウイルス(TSWV)によるバーベナ,ニチニチソウおよびインパチエンス類の黄化えそ病  [in Japanese] Spotted Wilt Disease of Verbena, Madagascar Periwinkle and Impatienses Caused by Tomato Spotted Wilt Virus  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ニューギニアインパチエンス, アフリカホウセンカの葉の輪紋およびえそ症状, ニチニチソウの葉のえそ斑点, バーベナの茎葉のえそ症状を示す株からウイルスが分離された。戻し接種によって健全な同植物に分離株と同じ病徴が再現された。これらの病徴部をTSWVに対するモノクローナル抗体を用いDAS-ELISA法で検定した結果, いずれも陽性反応を示した。また, TSWVのS RNA (small RNA) の3′末端側の塩基配列 (621bp) に対応するプライマーセットを用いたRT-PCRによって, いずれも特異的な増幅産物を確認した。これらの結果から, ニューギニアインパチエンス, アフリカホウセンカ, ニチニチソウおよびバーベナに発生した症状は, TSWVの感染によって生じたことを明らかにした。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 101-104, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014652
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03888258
  • NDL Article ID
    6167715
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-120
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top