オンシツツヤコバチの越冬の可能性  [in Japanese] Winter Survival of Encarsia formosa in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

生物農薬として登録, 利用されているオンシツツヤコバチ <i>Encarsia formosa</i> の国内への定着の可能性を検討するため, 茨城県, 高知県および宮崎県で野外における越冬性を調査した。その結果, 高知県と宮崎県の野外で越冬の可能性が示唆された。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 115-120, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  3

  • <no title>

    環境庁水質保全局

    天敵農薬影響調査検討会報告書-天敵農薬にかかる環境影響評価ガイドライン 46, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    柳沼薫

    福島園試研報 8, 103-111, 1977

    Cited by (1)

  • <no title>

    梶田泰司

    応動昆中国支部会報 39, 11-16, 1997

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014678
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03888258
  • NDL Article ID
    6167735
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-120
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top