天敵出芽細菌Pasteuria penetransを利用したイチジクのサツマイモネコブセンチュウ防除  [in Japanese] Biological Control of Meloidogyne incognita by Pasteuria penetrans on Fig  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 三平 東作 MIHIRA Tosaku
    • 千葉県農業総合研究センター暖地園芸研究所 Southern Prefectural Horticulture Institute, Chiba Prefectural Agriculture Research Center

Abstract

イチジクの生育抑制, 収量低下をおこすサツマイモネコブセンチュウ <i>Meloidogyne incognita</i> 対策を目的に, 天敵出芽細菌 <i>Pasteuria penetrans</i> の防除効果をポット試験と現地圃場で検討した。ポット接種試験では, 処理翌年の収穫終了時から天敵出芽細菌の線虫への寄生が認められ, 2年後の収穫終了時には土壌中の線虫密度が抑制され, イチジクの生育収量は薬剤処理区とほぼ同等であった。一方, 現地圃場に天敵出芽細菌10<sup>9</sup>個胞子/m<sup>2</sup>を3年連続処理した結果, 天敵出芽細菌の線虫への付着程度は処理翌年の収穫終了時から高まり, 3年後の収穫終了時に胞子付着率は72.1%, 2期幼虫1頭当たりの胞子付着数は2.12個に達した。また, イチジクの生育は, 無処理区より10~20%旺盛となり, 天敵出芽細菌の3年連続処理法による線虫防除効果が示された。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 165-169, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014759
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03888258
  • NDL Article ID
    6167797
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-120
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top