水稲ロングマット水耕苗移植栽培における育苗箱施用殺虫剤の適応性  [in Japanese] Applicability of Granular Pesticides in Long-mat of Hydroponically Grown Rice Seedlings used for Transplanting  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

水稲ロングマット水耕苗移植栽培における育苗箱施用殺虫剤7薬剤の適応性について, 苗の冷蔵保存を考慮した検討を行った。カルタップ粒剤4は著しい活着不良が認められたが, ベンフラカルブ粒剤, カルボスルファン粒剤, イミダクロプリド箱粒剤, フラチオカルブ粒剤, フィプロニル粒剤, カルボスルファン・フィプロニル粒剤は, 処理後の冷蔵5日間程度までは活着に与える悪影響が比較的少なかった。

Journal

  • Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society

    Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 48, 193-194, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

References:  4

  • <no title>

    小倉昭男

    機械化農業 3, 13-16, 1998

    Cited by (2)

  • <no title>

    田坂幸平

    農機誌 58, 89-99, 1996

    Cited by (1)

  • <no title>

    田坂幸平

    農機誌 59, 87-98, 1997

    Cited by (1)

  • <no title>

    北川寿

    植調 34, 245-250, 2000

    Cited by (1)

Codes

Page Top