Monacrosporium phymatopagumの感染菌糸による線虫捕捉  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 田場 聡
    • 沖縄県農業試験場 Okinawa Prefectural Agricultural Experiment Station
    • 諸見里 善一
    • 琉球大学農学部 Department of Agriculture, University of the Ryukyus

Abstract

Monacrosporirm phymatopagum(DRECHSLER)SUBRAMANIANは無柄の粘着性ノブを形成する線虫捕捉菌として知られている。本菌は、感染菌糸によってもコーンミール寒天培地(CMA)に添加したサツマイモネコブセンチュウMeloidogyne incognita(2期幼虫)を捕捉した。粘着性ノブに比べて、感染菌糸は多数形成され、線虫捕捉率も高かった。感染菌糸は、肛門部だけではなく、コイル状に巻き付いた線虫体の不特定部位からも侵入した。線虫体内容物は、感染菌糸による捕捉から24時間で分解・吸収された。

Journal

  • Japanese journal of nematology

    Japanese journal of nematology 30(1), 30-34, 2000-12-28

    日本線虫学会

References:  9

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008014869
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10453166
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196765
  • NDL Article ID
    5728804
  • NDL Source Classification
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL Call No.
    Z18-1311
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR 
Page Top