キク産地における生産者間のリレー方式による雇用調整  [in Japanese] Employment Adjustment in Chrysanthemum-producing Areas by Producers using the Relay System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

花きは労働集約型作物の代表的な作物であり、管内で作付けの多いキクを例にとっても10a当たり800時間と多くの労働時間を要している。また、盆や彼岸といった物日といわれる特定日に需要が高く、嗜好品として形態的な品質も重視されることから、規模拡大に当たっては、「労働力確保」と「省力化」が大きな課題となる。ここでは、管内最大の産地である秋田県十文字町における花き生産の展開と、労働力確保、省力化の取り組みについて紹介する。

Journal

  • Journal of the Rural Life Society of Japan

    Journal of the Rural Life Society of Japan 45(4), 29-34, 2001-09-01

    日本農村生活研究会

References:  2

  • <no title>

    東北農政局秋田統計情報事務所

    平成10年秋田県の農業経済動向

    Cited by (1)

  • <no title>

    東北農業試験研究推進会議

    北東北園芸産地における農業労働力の確保 利用調整システムの確立(東北地域重要新技術研究 168, 1995

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008015065
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0020216X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    05495202
  • NDL Article ID
    5975658
  • NDL Source Classification
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL Call No.
    Z18-423
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top