糖修飾したリゾチームによるチーズの保存期間延長のための試験 An attempt of extensions of shelf lives of the natural cheeses by the glycosylated lysozyme

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中村 健人 NAKAMURA Kenjin
    • ブリティッシュコロンビア大学食品科学プログラム Food, Nutrition and Health, University ofBrithish Columbia

抄録

高温状態に置くことによってメーラード反応を誘起し, リゾチームとデキストランから糖複合化リゾチーム (gLz) を作成した。gLzはリゾチーム活性を保持しグラム陰性菌に対して抗菌効果を発揮した。さらに食品保存材としての実効についても調査を行った。gLzはカッテージチーズ内の<I>E. coli</I>の増殖を抑制し, 同様の効果がエダムおよびリコットンタイプのチーズでも認められ, 熟成も阻害しなかった。これらの結果はgLzがナチュラルチーズの保存剤としても有望である可能性を示唆していた。

Lysozyme was glycosylated with dextran by the Maillard reaction in a controlled dry-heating state. The lysozyme activity and antimicrobial effects on the Gram-negative bacteria were observed in the glycosylated lysozyme (gLz). In this research, the actual efficiencies of gLz as a food preservation were investigated. The addition of gLz inhibited the growth of <I>E. coli</I> in the cottage cheese. These effects were also found in the Edam and Ricottone type cheese without inhibition of their ripenings. These result could suggest the promising possibilities of gLz as the food preservative.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 27(5), 283-290, 2001-10-31

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008018337
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    5986857
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ