Salmonella Enteritidis 排菌に及ぼす Skip feeding 法を含む強制換羽代替法の影響  [in Japanese] The Effect of Alternative of Forced Molting Including Skip Feeding on Shedding of Salmonella Enteritidis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

強制換羽によるストレス対策として,Holtらにより提唱されているskip feeding法(7日間断餌し,その後3日間成鶏用飼料を給与し1日断餌を3回繰り返す方法)による強制換羽代替法のSE排菌に及ぼす影響について検討した。すなわち,1区10羽の5区を設け,1区は対照区とし,2区は14日間断餌の強制換羽を実施,3区はskip feedingを実施,4区,5区はそれぞれ採卵鶏前期用,後期用飼料を14日間給与した。また,実験1は強制換羽実施4日前,実験2は4日後にそれぞれSalmonella Enteritidis(SE)を経口摂取し,約2ヵ月間盲腸便生菌数を指標にして検討した。その結果,いずれの実験においても,2区とその他の試験区における盲腸便SE排菌数,盲腸便SE排菌陽性率に大きな差はなかった。したがって,強制換羽の影響は確認できず,そのため,強制換羽がSE感染を悪化させることが前程であった代替法の効果に関する評価は困難となった。なお,強制換羽のSE感染への影響が確認できなかった原因については,供試鶏の種類,飼育条件(特にストレスの有無)などの相違が関係すると考えられるが不明であり,今後の検討課題である。

Journal

  • Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases

    Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases 37(2), 108-115, 2001-08-25

    鶏病研究会

References:  10

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008022966
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0007252X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0285709X
  • NDL Article ID
    5943868
  • NDL Source Classification
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z18-1541
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top