家畜およびと畜場搬入動物等のクリプトスポリジウム汚染実態調査  [in Japanese] Prevalence of Cryptosporidium infection in domestic and companion animals in the northern part of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 泉山 信司 IZUMIYAMA S.
    • 株式会社池田理化つくばテクニカルセンター Ikeda Scientific Co., Ltd., Tsukuba Technical Center
    • 中井 裕 NAKAI Y.
    • 東北大学農学部動物微生物科学講座 Tohoku University, Department of Animal Microbiology and Parasitology
    • 小野 敏夫 ONO T.
    • 群馬県北部食肉衛生検査所 Hokubu Meat Inspection Laboratory, Gunma Prefecture
    • 大塚 孝康 OOTSUKA T.
    • 埼玉県中央衛生食肉検査センター検査部 Central Laboratory of Meat Inspection, Saitama Prefecture
    • 黒木 俊郎 KUROKI T.
    • 神奈川県衛生研究所細菌病理部 Kanagawa Prefecture Public Health Laboratory, Department of Bacteriology and Pathology
    • 遠藤 卓郎 ENDO T.
    • 国立感染症研究部寄生動物部 National Institute of Infectious Disease, Department of Parasitology

Abstract

1997年12月から1998年3月にかけて,関東以北を中心としたウシ,ブタ(経済動物)およびイヌ,ネコ(愛玩動物)におけるクリプトスポリジウムの感染実態調査を行った.ウシは農場飼育およびと畜場搬入牛を対象とした.ブタはすべて,と畜場搬入豚を対象とした.イヌ,ネコは動物愛護センターに収容された個体から糞便を採取した.糞便はショ糖浮遊法により調製し,得られた試料に対して蛍光抗体染色を行い,蛍光顕微鏡下で特異蛍光を発する粒子を検出し,微分干渉顕微鏡下で内部構造の確認を行った.その結果,ウシで20%(41/205),イヌで0.8%(1/221),ネコで5.4%(2/37)からオーシストが検出されたが,ブタからは検出されなかった(0/80).東北地方の某県では,汚染は31農場のうち7農場(23%)に限られており,汚染状況は農場毎に異なることが示された.今後の対策の一環として,汚染農場を特定し,そこでの衛生管理や動物の淘汰を含めた集中的な清浄化対策が考えられる. 一方,岩手県のウシより分離したC.parvumの分離株5株に対して,PCR-RFLP法によりGenotypingを行った結果,いずれもすでに報告のあるGenotype2であった.

Journal

  • Journal of animal protozooses

    Journal of animal protozooses 16(1), 18-23, 2001-05-30

    動物の原虫病研究会

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008024195
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10164260
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09157506
  • NDL Article ID
    5797629
  • NDL Source Classification
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL Call No.
    Z18-2864
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top