各種動物における皮膚pHの検討 Skin pH of Domestic Animals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 味戸 忠春 AJITO T.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Central Research Laboratories, Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd.
    • 鈴木 一由 SUZUKI K.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Central Research Laboratories, Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd.
    • 畑野 伸子 HATANO N.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Central Research Laboratories, Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd.

抄録

各種動物の皮膚pHを油分・水分・pH計一体型を用いて測定したところ、ネコが7.07±0.13、イヌが7.75±0.71、ブタが7.22±0.28、子牛が8.46±0.57、未経産牛が7.58±0.61、搾乳牛が6.86±0.23であった。また、搾乳牛を用いて部位と被毛の有無について検討したところ、頸部における皮膚pHは被毛ありが7.93±0.80、被毛なしが7.05±0.56、最後肋間における皮膚pHは被毛ありが8.25±0.92、被毛なしが6.70±0.62.であった。これらのことから、動物種により皮膚pHの異なることと、牛においては発育ステージで皮膚pHが変化すること、さらに、搾乳牛では測定部位よりも被毛の有無により皮膚pHが異なることが確認された。

Skin pH was examined in domestic animals using skin sebumeter, corneometer, and pH-meter. Skin pH was 7.07±0.13 in cats, 7.75±0.71 in dogs, 7.22±0. 28 in pigs, 8.46±0.57 in calves, 7.58±0.61 in heifers, and 6.86±0.23 in milking cows. The influence of site and hair were examined in milking cows. Skin pH was 7.93±0.80 at the neck with hair, and 7.05±0.56 at the neck without hair. On the other hand, skin pH was 8.25±0.92 at the last rib with hair, and 6.70±0.62 at the last rib without hair. These results suggest each animal has a different skin pH and that skin pH of cattle may differ with growth stages. In addition, skin pH was influenced by hair more than body site (neck and last rib) in the milking cow.

収録刊行物

  • 日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics

    日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics 24(1), 9-12, 2001-07-20

    日本家畜臨床学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008024616
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1163152X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167579
  • NDL 記事登録ID
    5848528
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-2162
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ