水稲散播直播栽培のためのトラムライン走行作業方式の開発 Development of Tramline Traffic System for Rice Broadcasting Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水田作の低コスト化を図る手段として, 大型機械の効率的利用を目的に30a区画を越える大区画圃場が整備されてきた。しかし, 区画の大型化は, 従来の背負動力散粒機等を利用した畦畔からの肥料や薬剤の散布作業が困難になる等の問題点が生じている。また, 育苗・移植作業を省略できる直播栽培技術, 中でも稲の散播直播栽培技術は播種作業の大幅な省力化が可能で省力・低コスト栽培技術として確立が期待されている。しかし, 大区画水田での散播直播栽培における生育期間中の管理作業の困難性が新たな問題として指摘されている。本論文は, これらを解消するキーテクノロジを提供しようとするものである。<br>ここに提案する「トラムライン走行作業方式」は, 水稲の散播直播栽培を対象に軟弱地盤の水田における播種作業及び肥料散布等の中間管理作業の乗用化を実現する新しい作業法であり, トラムラインの路床を強化することにより乗用作業機が安定的に走行できる。

Large sized paddy field has been constructed in order to improve fieldwork efficiency of a big vehicle for reducing rice production cost. Various kinds of rice direct broadcasting seeding cultural techniques also have been investigated for the same purpose. However, these techniques might bring a difficulty of the rice crop tendering work by a knapsack engine duster.<br>This paper presents a tramline traffic system for the seeding and the tendering crop in a heavy clay paddy field. The paths of the vehicles should be fixed with equal interval of 10m to minimize the area trampled in every tendering work using the vehicles. A shape of the tramlines is similar to a drain ditch so that improves the drainage and the irrigation. A vehicle would bog by roughed tram surface through a number of passings on the tramlines. Reinforcement of the tramlines by soil cement was effective for improving maneuverability of the vehicles.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 63(6), 90-94, 2001-11-01

    農業食料工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008025324
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5967728
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ