日英合同化学療法会議報告 呼吸器感染症 : 日本とヨーロッパにおける現状と将来展望 Highlights of Joint British Society for Antimicrobial Chemotherapy and Japanese Societies Scientific Meeting, 7-9 June 2001, Edinburgh, Scotland Respiratory Pathogens : Eastern and Western Perspective

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本と英国を中心とするヨーロッパ各国の感染症研究者および抗菌薬開発担当者を対象とした情報交換と親睦の場として, 去る6月7日~9日にかけて英国のEdinburghで第1回日英合同化学療法会議が開催された。本会議の今後の発展に資するべく, 本稿ではそのあらましをレポートする。議題として取り上げられたのは慢性呼吸器疾患, なかでもびまん性汎細気管支炎, 慢性気管支炎, 気管支拡張症, 肺炎, 結核などで, その疫学, 薬剤耐性, 臨床試験の現状, ガイドラインの諸相をめぐって最新の知見の報告がなされ, 活発な議論が展開された。誌面の都合上, 各演題の内容報告は簡潔なものとならざるをえなかったが, 本会議の全貌の一端でも伝えられることができれば幸いである。

The first Joint British Society for Antimicrobial Chemotherapy and Japanese Societies Scientific Meeting was held June 7-9, 2001 in Edinburgh, Scotland, giving Japanese and European researchers a chance to meet and exchange information on antimicrobials. This report details the progress made at this meeting. The sessions dealt with chronic respiratory diseases, focusing on diffuse panbronchiolitis, chronic bronchitis, and bronchiectasis. Reports on the latest findings triggered lively discussions in epidemiology, pathogen resistance, clinical trials and guideline development. This report gives an overview of the proceedings in each session.

収録刊行物

  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 50(1), 47-53, 2002-01-25

    公益社団法人 日本化学療法学会

各種コード

ページトップへ