EBウイルスおよびサイトメガロウイルス特異的CD8^+T細胞を検出するMHC-テトラマーの作製とその応用  [in Japanese] Tetrameric MHC-peptide complex identifying CD8^+ T cells specific to Epstein-Barr virus and human cytomegalovirus  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 葛島 清隆 KUZUSHIMA Kiyotaka
    • 愛知県がんセンター研究所・腫瘍ウイルス学部・臨床ウイルス研究室 Division of Virology Aichi Cancer Center Research Institute

Abstract

臓器移植後などの免疫低下時には,潜伏感染しているEBウイルス,サイトメガロウイルスが活性化し,重篤な感染症を起こす.感染制御に重要なCD 8陽性ウイルス特異的T細胞を定量的に解析する方法として, 1) Enzyme-linked immunospot assay, 2) Cytokine flow cytometry, 3) Tetrameric major histocompatibility complex-peptide complex(tetramer)などが開発された.それぞれに長所,短所があるが, tetramerによる染色法は簡便性,迅速性,再現性,汎用性などにおいて優れている.ウイルス特異的T細胞の測定が普及すれば,ウイルス感染症の管理において新しい診療情報源となるであろう.

Journal

  • Japanese Journal of Clinical Immunology

    Japanese Journal of Clinical Immunology 25(1), 70-78, 2002-02-28

    The Japan Society for Clinical Immunology

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008034022
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357971
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09114300
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top