C型肝炎に対するインターフェロン投与を契機に顕性化し, CTにて特徴的所見を認めた潰瘍性大腸炎の1例  [in Japanese] A case of ulcerative colitis along with characteristic features on computed tomography (CT), developed by the treatment with interferon for chronic hepatitis C  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は49歳男性で,慢性活動型C型肝炎に対して平成10年7月よりインターフェロン-αの投与を開始した.投与後2カ月目に下痢が頻回となったので大腸内視鏡検査を行ったところ,全結腸に連続性の粘膜びらん,多発性潰瘍を認めた.またMRI,CTにて慢性期潰瘍性大腸炎の特徴像である直腸周囲の脂肪織の増生や直腸粘膜下層への脂肪浸潤がみられた.潜在性の潰瘍性大腸炎がインターフェロン投与により発症したと考えられた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 98(4), 399-404, 2001-04-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  17

Cited by:  4

Codes

Page Top