血液透析によりB-RTOによる治療が難渋したと考えられた孤立性胃静脈瘤の1例  [in Japanese] A case of the solitary gastric varices that I thought that a treatment by ballon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) suffered from it by a hemodialysis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

慢性腎不全をともなう孤立駐胃静脈瘤の1例を経験した.自験例は5回目のバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術にて胃静脈瘤の血栓化を認めた.自験例は硬化剤の停滞が良好であるにもかかわらず治療に難渋しており,血液透析が硬化剤による血栓形成の妨げになっている可能性が示唆され,極めて興味深い症例と思われた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 98(10), 1174-1178, 2001-10-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  5

Codes

Page Top