悪性リンパ腫の化学療法中に発生したサイトメガロウイスル腸炎による回腸穿孔の1例  [in Japanese] Ileal perforation due to cytomegalovirus enteritis under chemotherapy for malignant lymphoma. Report of a case  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は77歳の男性頚部悪性リンパ腫の化学療法中に消化管穿孔による腹膜炎で緊急手術を施行し,回腸に穿孔部を認め,同部を模状切除した.組織学的にサイトメガロウイルス(CMV)腸炎の穿孔と診断した.CMV腸炎は免疫不全状態の患者に日和見感染として合併し,穿孔例の予後は極めて不良である,悪性腫瘍化学療法中の患者ではCMV感染について定期的チェックとその対応が必要と考えられた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 98(10), 1185-1189, 2001-10-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  13

Cited by:  7

Codes

Page Top