胆管原発小細胞癌の1例  [in Japanese] A case of small cell carcinoma of the common bile duct  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は85歳の女性で,閉塞性黄疸にて入院.胆管造影では総胆管末端部に逆U字を呈する大きな欠損像を認め結石が考慮されたが,造影CTにて高吸収を示す腫瘍性病変と指摘された.ハイリスク症例であることより胆管十二指腸吻合術と胆道鋭匙による腫瘍採取が行われた.病理組織学的には紡錘型細胞が充実性の胞巣を形成しながら密に増殖する像を呈しNSE,chromogranin A染色陽性であり,胆管を原発とする小細胞癌と診断された.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 98(10), 1195-1198, 2001-10-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  10

Cited by:  11

Codes

Page Top