声帯溝症に対する声帯内自家脂肪・筋膜移植術 A New Surgical Technique Combining Autologous Intracordal Transplantation of Fat and Facia for Sulcus Vocalis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は声帯溝症に対し喉頭微細手術にて自家脂肪組織を粒状のまま採取し, 筋膜とともに萎縮した声帯内に移植する新しい手術法を考案し, 良好な結果を得たので報告した.<BR>外腹斜筋の浅層の脂肪組織をなるべく潰さないように注意して, 脂肪の粒状の塊を採取する. 耳後部より筋膜を同時に採取する. 溝状の変化を示す声帯のやや外側よりに切開を入れる. 声帯粘膜下剥離子にて粘膜固有層内を十分に剥離して, 移植片が入るようにポケットを作製する. 脂肪の塊を粘膜固有層内のポケットに挿入する. 脂肪がポケットから脱出するのを防止することを目的として, 筋膜を鼓膜形成術のアンダーレイのように挿入し, 切開部を縫合する.<BR>本手術を現在までに4例に施行した. GRBAS分類にて音質の改善が認められた. 特に気息性の音質が改善した. 音響分析検査においても術後の音質改善が確認された. 呼気流率と声域を術前と術後に検討したところ, 術後は呼気流率が減少し, 声域が拡大していた.<BR>脂肪組織を粒状に採取して移植することにより, 術後最長で15ヵ月経過しているが吸収はほとんど認められなかった.

We developed a new surgical technique combining autologous intracordal transplantation of fat and fascia for sulcus vocalis. Fat tissue from the abdominal wall and fascia from the postauricular region were obtained and an incison was made on the lateral portion of the vocal cord and a small pocket prepared in the lamina propria using an elevator. After inserting fat tissue into the pocket, fascia was inserted to cover the fat graft to prevent its escape from the pocket. The surgical wound was then sutured using absorbable sutures. No evidence of postoperative absorption of transplanted fat tissue was seen, and vocal function improved postoperatively. This method proved useful as surgical treatment for sulcus vocalis.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 104(12), 1151-1155, 2001-12-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008095300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ