ことばの教室通級児による「生い立ちの記」の制作 : 好きなこと得意なことをのばして博士になろうの活動から  [in Japanese] Making a Picture-Card Show of Personal History by a Child who Attended a Re source Room  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

吃音を主訴として「ことばの教室」に通級していた6年生の男児がパソコンによる「生い立ちの記」を制作した.これは「好きなこと得意なことをのばして博士になろう」という活動の一環である.2年間の活動を通して吃音症状の顕著な変化はみられなかったが,どもっても随伴動作が出ても最後まで言いたいことを言うようになった.その根底には「ことばの教室」で得た自信があるように思われた.

Journal

  • THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS

    THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS 15(2), 75-79, 1998-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

References:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008101891
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091280
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL Article ID
    4553205
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z7-1914
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top